『コヤフロン』Q&A

HOME » コヤフロン » 『コヤフロン』Q&A

『コヤフロン』について、よく頂く質問に答えます。

Q.コヤフロンと洗剤は何が違うの?

 A.「コヤフロン」は保護剤です。汚れを除去した後、手垢・水垢・紫外線・酸性雨など、モノが傷む要因をはねのけ、劣化を防ぎ、汚れにくくなります。
洗剤やスポンジなどで洗うという行為は、実はモノの表面を傷めつけ、汚れが着きやすい状態を作っています。また、環境にも良くありません。
コヤフロン施工すると、汚れが着きにくく、汚れてもタオルで簡単に除去出来ます。さらに、モノの劣化を防ぎます。

Q.コヤフロンと他のコーティングは何が違うの?

 A.コーティングと言っても、様々種類はありますが、1番の違いは、コーティングは「今ある表面に塗膜を張って保護するもの」であるということです。
なので、コーティング前に表面をキレイな状態にしなければなりません。コヤフロンは、汚れを除去する力があります。さらに、ミクロの粒子の集合ですので、塗膜を張りません。

塗膜を張るということは、施工中、乾くまでに空気中の埃等が付着する恐れがあります。さらに、手直しにはかなりの技術を必要とし、段差やムラが出来る場合があります。剥離をすると下地を傷めることがあります。年数が経つと自然剥離やひび割れが起こり、みすぼらしくなります。その修復は非常に大変です。
また、施工できる対象物が限られてきます。 

コヤフロンは施工中、付着した汚れを取り除き、空気中の埃などもはねつけます。また、剥離やひび割れも起こらず、簡単なメンテナンスで美しい状態を保ち続ける事が出来ます。また、高級家具やピアノから、シャンデリア、建具、ガラス、墓、看板、テントとどのようなものにでも施工可能です。

Q.コヤフロンと他のフッ素コーティングと何が違うの?

A.フッ素と言っても、6種類あります。中でも、最も汚れを弾くのが「4フッ化エチレン」。デュポン社のテフロンフライパンで有名なものです。汚れをよく弾きますが、モノとも密着しない、とても扱いにくいものです。
ですので、基本的には焼付け塗装をしてコーティングします。焼付け塗装するので、工場内で、焼付け可能なモノにしか対応しておりません。
これを、常温で、どんな場所にでも施工出来る様にしたものが「コヤフロン」です。
その他、常温で施工できるフッ素コーティングは、4フッ化以外のものを使っている、若しくはフッ素以外の成分に粘着力のあるものを多く混ぜています。そういったものと比べると、「コヤフロン」は全ての効能において、非常に優れています。

Q.要するに、施工したらどうなるの?

 A.汚れたものは、汚れが落ち、これ以上の劣化を防ぎます。
  新品のものも、その美しい状態を保つ事が出来ます。
  光沢があるものは、光沢度がやや上がり、高級感が出ます。
      汚れが付着しにくいので、普段の掃除が簡単になります。

  光沢が無いものは無いままですので、どの様な場所にも使用して頂けます。
  手触りはサラッとしており、汚れや紫外線・酸性雨、などからモノを保護し、劣化も防ぎます。
  
WAXやペンキの様に、見た目の違いが劇的に変わるものではありません。
  素材そのままの美しさを生かし、保護するのがコヤフロンです。

Q.どんな場所に施工出来るの?

A.生物と、水気が入ると困るもの以外ですと、どこでも施工可能です。要望の多いものとしては、浴槽浴室やトイレ等の水周り、シャンデリア、外壁、高級家具、店舗のテント、墓石、白木の門、ショーケースなどがあります。施工例をご覧下さい。
フローリングにつきましては、滑りやすくなり、転倒する恐れがありますので、お勧め致しません。素足で入る浴室内の床等は問題無いです。

Q.どんな汚れもキレイになるの?

A.付着している汚れはキレイになり、その後、汚れにくくなります。その他、手垢・水垢・カビ・サビなども落とすことは可能です。但し、キズや腐食は直りません。(施工後は小傷は付きにくくなり、腐食の進行は止まります)また、日焼け・薬品焼け・変色も原則的には直りません。そうなる前に施工することをオススメ致します。

Q.現在、賃貸マンションに住んでいます。施工可能?

A. 可能です。一般的なコーティングは、見た目が変わる・一定年数経つと剥離してくるという点で、賃貸への施工は難しいですが、コヤフロンは塗膜を張らないので、見た目が変わらず、剥離が無いので、賃貸住宅でも施工して頂けます。

Q.効果はどれくらいもつの?

A.定期的にメンテナンスさせて頂けましたら、その美観はいつまでも保障します。(メンテナンス料金は、施工料金の1/3程度です。)
  浴槽や家具類は年に1回、車で年に3回程度のメンテナンスをお勧めします。外壁ですと、弊社の本社ビルが現在建設・施工後19年になりますが、まだキレイな状態を保っています。
 もし、メンテナンスを受けられない場合でも、他コーティングとは違い、時間が経つと元の状態に戻るというだけで、剥離によるアバタやひび割れが出来るなど、見た目が悪くなるという訳ではございませんのでご安心下さい。

Q.あんまり聞かない名前だけど、本当に大丈夫なの?

A.より良いものを低価格で提供する為に、広告・宣伝などを行っておりません。また、コヤノはメーカーですので、商社の様な誇大広告も一切行っておりません。ですので、知名度はまだまだ低いですが、仕上がりについては専門家の方からも喜びの声を頂いております。
他の追随を許さない製品でありながら、開発後30年以上の実績と信頼ある品です。

Q.コーティング後、洗剤で洗っちゃダメって聞いたけど、そうなの?

A.ダメということはありません。
  汚れた場合でも、濡れタオルなどで拭いて頂ければ汚れは簡単に落ちるので、洗剤を使う必要は特に無いです。
  洗剤を使用しても、コヤフロンは薬品にも強いので、モノを傷める心配はありません。
  ただし、タワシの使用や、クレンザー等研磨剤の入った洗剤の利用は、お控え下さい。

Q.お風呂とか、洗剤で洗わないと菌が居そうで・・・。

A.洗剤はこびりついた汚れを落とすもので、殺菌効果は御座いません。むやみに洗剤で洗うと、モノを傷めるだけです
特に浴槽内を洗剤で洗った場合、シャワーで流した程度では洗剤が残留しています。洗剤が残った浴槽のお風呂に入ることで、肌荒れやアトピーの要因にもなります。
実際に、コヤフロンでお風呂をコーティング後、清掃に洗剤を使う事を止めてアトピーが治った事例があります。(個人差有) 

洗浄では無いですが、施設等は塩素消毒が必要かと思います。それにより浴槽内が非常に傷みやすいですが、コヤフロンでコーティングする事により、傷みを軽減する事が可能です。

Q.塗膜を張らないのにどうして傷が付かないの?

A.コヤフロンを施工すると、摩擦係数が減り、擦ってもつっかかりが無いので小傷が付きにくくなります。
  塗膜を張るタイプのコーティングは、膜が表面を守っているように思われますが、コーティングそのものにキズが入れば見栄えは悪くなりますし、剥離する際にモノの表面を傷めてしまいます。

独立開業を考えているあなたへ!!
独立開業支援の株式会社コヤノ 大阪府大阪市都島区東野田町1丁目19-7 / 06-6358-4930 お問い合わせフォーム