開催中の展覧会

ぼうし?とかばん?展

 

 

開催期間 : 平成30年1月13日 ~ 平成30年12月16日

 

日差し・外敵・様々な要因から頭を守る、身分をあらわす、美を、自分をあらわす帽子(かぶりもの)と、便利に、おしゃれに、物を持ち運ぶかばん(ふくろ)。どちらも、暮らしにとても密着したもので、様々なデザインのものがあります。

 

日本で発展し、長らく使われた笠やふくろなどは、明治維新により西洋文化が入ってきたことによって瞬く間に帽子とバッグにとってかわられました。時代が移り変わるその時、人々の暮らしに何が起こったのか。それを帽子?とかばん?という身近な切り口から想像していただければと思います。また、「こんなの使っている人が居たんだ!」「おしゃれだな」「かっこいいな」と、純粋に見て楽しんで頂ければ幸いです。大正~昭和の時代は特に、おしゃれへの貪欲さと探求心を感じさせます。

 

今回のタイトルは、最終目的は同じもののその言葉でひとくくりにしていいか悩んだため、クエスチョンマークをつけてみました。

 

おもちゃ展

ミニカーにキューピー人形、車輪付き木馬その他、昭和の懐かしいおもちゃを展示

ベンツSSK(レプリカ)

外庭にてベンツSSK1929(CLASSIC MOTOR CARRIAGES製レプリカ ガゼール)を展示。

着物

普段着、打掛、子供の着物など100点を展示。定期入替。

お酒のラベル

明治時代のお酒と醤油のラベルやポスターを展示。

その他

その他、「今上天皇ご使用のベビーベッド」、「東郷平八郎の書」や「丸山応挙の掛軸」など、良く知る方の品々や、屏風など、どの様な方にも1つは「見れて良かった」と思っていただけることをコンセプトに、様々な品を展示しております。

ブログ「いろはにほへと」でも、展示情報をお伝えしております。

 

このページの先頭へ